商品案内

大阪府で畳替え・襖の事なら
田端屋にお任せ下さい。

ホーム > 商品一覧 > 畳替えの工法と交換時期について

畳替えの工法と交換時期について新調・表替え・裏返し

畳替えには、大きく分けて「畳の新調」「表替え」「裏返し」の3つの工法があります。
お客様に合う畳替えで快適な暮らしを応援します。

畳替えの工法 内容
新調
(詳しくはこちら)
時期の目安 前回の畳替えから15年以上経過
内容 畳床・畳表・畳縁を全て新しいものに取り替えます。
お部屋を採寸して、オーダーメイドのぴったりサイズで製作します。
表替え
(詳しくはこちら)
時期の目安 前回の畳替えから5年〜10年経過
内容 畳床はそのまま使用し、畳表と畳縁を新しく取り替えます。
もちろん隙間や凸凹を可能な限り補修します。
裏返し
(詳しくはこちら)
時期の目安 前回の畳替えから3年〜5年経過
(※3年〜5年の時期であっても裏返しが出来ない可能性があります。詳しくはお問合せ下さい。)
内容 畳床はそのままで、畳表をひっくり返して使います。畳縁は新しいものに取り替えます。
表替え同様、隙間や凸凹を可能な限り補修します。
※畳床とは…畳の土台 
※畳表とは…表面のゴザ 
※畳縁とは…両端の布

畳の新調

前回の畳替えから15年以上経過

畳床・畳表・畳縁を全て新しいものに取り替えます。
お部屋を採寸して、オーダーメイドのぴったりサイズで製作します。

畳の表替え

前回の畳替えから5年〜10年経過

畳床はそのまま使用し、畳表と畳縁を新しく取り替えます。
もちろん隙間や凸凹を可能な限り補修します。

畳の裏返し

前回の畳替えから3年〜5年経過

畳床はそのままで、畳表をひっくり返して使います。畳縁は新しいものに取り替えます。
表替え同様、隙間や凸凹を可能な限り補修します。
(※3年〜5年の時期であっても裏返しが出来ない可能性があります。詳しくはお問合せ下さい。)


PAGE
TOP